メニューを飛ばして本文へ移動する

教育実習

福岡教育大学では、1年次から学校教育現場を体験し、4年間にわたって幼児?児童?生徒と関わりながら教育実習が行えるような体制を整えています。
各年次においてそれまでに学んだ教職に関する基礎的な知識や方法論をもとに教育実習に臨むことで、卒業までに教科指導や生徒指導等を行う上で必要となる実践的指導力の基礎を身につけることができます。

4年間の教育実習の概要(課程別)

初等教育教員養成課程

1年次 【体験実習】
今日の学校教育や教職に対する理解を深め?これからの学修や教職への意欲を高めます。
福岡県内の協力小学校?園で?担任の業務を参観?補助したり?子供への支援や交流を体験したりしながら?教師の仕事?学校組織?子供との接し方等の教育者の視点を体験します。
2年次 【観察参加】
附属小学校?園において3年生の本実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。

【基礎実習】
授業を構想する力を養い?3年次の本実習に向けての基礎となる力を育成します。
附属小学校?園で?授業?保育参観?授業研究協議会への参加を行うとともに?大学において?教材分析?研究?学習指導案の作成?模擬授業体験を行い?教員が授業を作り上げていくプロセスを学びます。
3年次 【本実習】
3年次に、附属小学校又は福岡県内の小学校で本実習を行います。(幼児教育プログラムを除く)
幼児教育プログラム所属の学生は、3年次に附属小学校で本実習を行い、さらに附属幼稚園又は協力幼稚園で本実習を行います。
授業づくりを中心とした教育実践力を育成します。
指導案指導等の教育実習に向けての指導を経て?学習指導?授業づくりの能力?幼児?児童に対する指導力?学級づくりの能力など実践的な指導力を育成します。
また?実習期間には?実際に教壇に立ちながら授業を行うとともに?特別活動等も含め?教育活動全体を通じて子供に関する理解を深め?学級での指導や教員の職務の実態にも触れます。
さらに?こうした体験により?教職に対する関心?責任感?生きた子供観?教育観を身に付けます。